糖質制限におすすめ!低糖質で美味しい宅配弁当サービス10選

「健康のために糖質制限をしたい!」

そう思っても自分の作る料理にどれくらいの糖質が入っているか、なかなか分かりませんよね。

きちんと糖質を測りながら作るとしても、自分で用意するのはなかなか大変です。

そんな時に便利なのが、糖質オフの宅食!

りえママ
糖質オフだと味が薄そう…と思うかもしれませんが、最近は美味しい冷凍の宅配弁当が増えています!

糖質制限・低糖質の宅食を選ぶポイントは、次の3つです。

ポイント

①糖質の量:1食あたり40g以下であることをチェック!
②味:糖質オフでも美味しいかをチェック!
③価格:予算内におさまるかをチェック!

上記を踏まえた糖質制限・低糖質の宅食サービスランキングは、次のとおりです。

順位 サービス名 糖質 1食あたりの
価格(税込)
1 ニチレイフーズダイレクト 約40g以下 650円~
2 ダイエティシャン 35g以下 868円~
3 ナッシュ 30g以下 680円~
4 メディカルフードサービス 40g以下 856円~
食宅便 10g以下 616円~
ウェルネスダイニング 15g以下 ⚪︎ 705円~
ミールラボ 記載なし 842円~
ワタミの宅食ダイレクト 15g以下 848円~
まごころケア食 15g以下 364円~
Dr.つるかめキッチン 15g以下 ⚪︎ 684円~

また、目的別におすすめの糖質制限・低糖質の宅食サービスは、次のとおりです。

目的 サービス名 特徴
一人暮らし向け ニチレイフーズダイレクト 20品目以上の素材を使用。主食もついているので、一人暮らしにぴったり
価格が安い まごころケア食 1食あたり364円~。リーズナブルな料金で健康的な食事が楽しめる
とにかく美味しい ナッシュ 一流シェフと栄養管理士がレシピを考案。宅食の中でもピカイチの美味しさ
高齢者向け ウィルネスダイニング 高齢者向けの優しい味付け。無料で栄養管理士に相談できるのが魅力

この記事では、なぜ上記のランキングになったのか、詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当サイト「宅食マニア」では、さまざまなおすすめの宅食をランキング形式で詳しく紹介しています。

それぞれ目的別に、おすすめの安い宅食冷凍の宅配弁当介護食の宅配弁当ミールキットなどのランキングがあります。

宅食サービスの利用を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ランキングで紹介している宅配弁当サービスは、この記事と同じく実際に利用して、評価しています。

 

監修者:おねこ

宅配マニア 監修者夜が楽しければきっと明日はもっと楽しい!」をモットーに、夜を盛り上げるおつまみレシピとごはんがすすむおかずをメインにレシピ開発。レシピ総合サイト「Nadia」でレシピ掲載中。著者「ごはんもお酒もすすむ!絶品おねこ食堂」も重版。インスタグラム

 

もくじ

低糖質・糖質制限(オフ)宅食おすすめランキング

1位 ニチレイフーズダイレクト

糖質 約40g以下
管理栄養士の監修 あり
冷凍食品の最大手!どれも美味しいものばかり
公式サイト https://wellness.nichirei.co.jp/shop/c/c1050https://nichirei.co.jp/shop/

ニチレイフーズダイレクトの中でも「ウーディッシュ」というコースは、ダイエット中の女性にも人気。

▼ニチレイフーズダイレクトの「ウーディッシュ」商品紹介動画

20品目以上の食材を使いながらも、平均カロリー320kcalにおさえてあります。

飽きがこないよう、和洋中エスニックとバラエティーに富んだメニューも嬉しいですね。

春夏・秋冬とメニューが変わるため、季節の食材が楽しめます。

30食セットを頼めば、1食650円というリーズナブルな料金も魅力です。

冷凍食品業界最大手とあって、間違いない味、おいしさ。ニチレイさんの中でまずいモノを見つけるのが難しいくらいです。

プラン 合計額(税込) 1食あたり(税込・送料込)
ウーディッシュお試し4食セット 2,796円+送料800円⇒2,690円&送料無料 672円
ウーディッシュ糖質40g以下8食セット 5,550円 687円
ウーディッシュ人気メニュー8食コース 5,550円 687円
【ポイント2倍】ウーディッシュおまとめ14食 9,700円 692円
ウーディッシュ8食セット2023秋冬 5,500円 687円
ウーディッシュ全30食大人買いセット2023秋冬 19,500円 650円

ニチレイフーズダイレクトの口コミへ

冷凍業界No1、あのニチレイ!!

ニチレイフーズダイレクト公式サイトへ

※お試しセットあります、ポイント・クーポン利用でお得購入可能

 

2位 ダイエティシャン

糖質 35g以下
管理栄養士の監修 あり
お店レベルにどれもおいしい
公式サイト https://dietician-family.jp/

ダイエティシャンのSMALL PLAN(スモールプラン)は、全メニュー糖質35g以下、脂質15g以下、カロリー450kcal以下。

それなのに、もち麦ごはんや低糖質パスタなどの炭水化物も入っているため、食べ応えがあります。

無理なくいつもの食事を置き換えられるので、続けやすいです。

味もトップクラスで、どれもお店に出されてもOKなくらいにおいしいです。

プラン 合計額(税込・送料込) 1食あたり(税込・送料込)
SMALL PLAN 5食コース 4,830円 966円
SMALL PLAN 10食コース 8,680円 868円
MEDIUM PLAN 5食コース 5,330円 1,066円
MEDIUM PLAN 10食コース 9,680円 968円

※4WEEK PLANの場合の料金です。

ダイエティシャンの口コミへ

美味しくダイエットできる宅食サービス!!

ダイエティシャン公式サイトへ

※ダイエット特化宅食の中ではリーズナブル!!

 

3位 ナッシュ

糖質 30g以下
管理栄養士の監修 あり ※一流シェフによる監修も
とても美味しい。盛り付けもキレイなので、気分が上がる
公式サイト https://nosh.jp/

ナッシュはすべてのメニューが糖質30g以下のため、糖質オフ期の食事にぴったりです。

塩分もすべて2.7g以下&高タンパク。さらに管理栄養士がレシピ監修して、専属のシェフが調理しています。

糖質オフとは思えないほどの美味しさで、普段の食事として利用する人もいるほど。

料理のクオリティが高く、制限食としてかなりコスパが高い冷凍の宅配弁当です♪

プラン 合計額(税込・送料込) 送料810円を含めた1食あたり(税込)
6食プラン 4,190円 833円
8食プラン 4,990円 725円
10食プラン 5,990円 680円

▼ナッシュの紹介動画

ナッシュの口コミへ

テレビCMでも話題の王道宅食!!

ナッシュ公式サイトへ

※初回限定合計3,000円OFFです

 

※4位以下は順不同

メディカルフードサービス

糖質 40g以下
管理栄養士の監修 あり
美味しいものが多い
公式サイト https://www.medifoods.jp/

医療・介護食が提供する糖質オフ弁当は、どれも高品質で安全。石川県で製造されています。

このページで紹介した他商品と比べると、糖質40g以下は、やや多めなのが気になるところ。

注文後に営業・勧誘電話、郵送物が多いのはちょっと面倒くさいかもしれません。

プラン 合計額(税込・送料込) 1食あたり(税込・送料込)
カロリー制限食 お試しセット 5,140円 856円
プレミアムカロリー制限食 お試しセット 6,048円 1,008円
糖質制限食 お試しセット 5,788円 964円

メディカルフードサービスの口コミへ

管理栄養士が栄養価を徹底管理!!

メディカルフードサービス公式サイトへ

※管理栄養士による無料相談あり

食宅便

糖質 10g以下
管理栄養士の監修 あり
制限食だが、全体的に味濃いめ
公式サイト https://shokutakubin.com/

「低糖質セレクト」というコースでは、その名の通り、糖質制限食が提供されています。

食宅便がすごいのは、1食あたり糖質10g以下という点。個人的な感想ですが、制限食の中でも味が濃いめです。

魚や肉料理が中心のため、糖質制限でも続けやすいでしょう。

約9000人もの管理栄養士・栄養士を擁するというのも、他では見られない規模です。

個人差あると思いますが、私は美味しさではナッシュの方が上です。

プラン 合計額(税込・送料込) 送料780円を含めた1食あたり(税込)
低糖質高たんぱくスープセット(8食) 4,148円 616円
低糖質セレクト(7食) 4,173円 707円

食宅便の口コミへ

立派な弁当がリーズナブルな値段で注文できる!

食宅便公式サイトへ

300種類の豊富なメニュー!

ウェルネスダイニング

糖質 15g以下
管理栄養士の監修 あり
万人受けする味、ちょうど良い塩加減
公式サイト https://www.wellness-dining.com/

「糖質制限 気配り宅配食」は1食あたり糖質15g以下、塩分2.0g以下、カロリー240キロカロリーに抑えられています。

糖尿病や血糖値が気になる方におすすめです!

和洋中のさまざまなメニューを、糖質オフで楽しめます。

他にもカロリーオフ食、塩分オフ食、タンパク質オフ食などいろいろな制限食コースも。

常駐13名の管理栄養士に相談できるため、どのコースがよいか迷ったら聞いてみるとよいでしょう。

プラン 合計額(税込・送料込) 送料770円を含めた1食あたり(税込)
糖質&カロリー制限 気配り宅配食(7食セット) 4,860円 804円
糖質&カロリー制限 気配り宅配食(14食セット) 9,504円 733円
糖質&カロリー制限 気配り宅配食(21食セット) 14,040円 705円

▼ウェルネスダイニングの紹介動画

ウェルネスダイニングの口コミへ

健康食なのに抜群の美味しさ!!

ウェルネスダイニング公式サイトへ

※初回送料無料

ミールラボ

 

糖質 記載なし
管理栄養士の監修 なし 
糖質オフ食とは思えない美味しさ
公式サイト https://meallab.jp

糖質の記載がなく、管理栄養士による監修もないのですが、ボディメイクに超特化した宅食なので紹介します

公式サイトを覗いてもらうと一瞬でわかると思いますが、アスリート向け、ストイックなダイエッター向けの宅食です。

▼ミールラボアスリート-東修平さんによるミールラボ紹介動画

カリフラワーやキャベツをご飯のように調理したものなどがあり、徹底的な肉体改造を狙うような方が適していると思われます。

普通の主婦である私も食べてみましたが、結構おいしいです。

プラン 合計額(税込・送料込) 1食あたり(税込・送料込)
2023秋 LOWFAT 7食セット 5,900円 842円
2023秋 WOMENS 5食セット 5,600円 1,120円
2023夏 LOWCARB 7食セット 7,200円 1,028円

ミールラボの口コミへ

ワタミの宅食ダイレクト

糖質の量 15g以下
管理栄養士の監修 あり
居酒屋経営の経験を活かした美味しさ
公式サイト http://www.watami-takushoku-direct.jp/

ワタミの宅食ダイレクトは、栄養バランスのとれたおかずを注文できる宅食です。

居酒屋の「和民」をご存じの方も多いのではないでしょうか。

ロカボリック7食セットでは、糖質15g以下とは思えない美味しい料理を楽しめます。

他にも二菜・三菜・五菜などのおかずや介護食も選べます。子供から高齢者まで、家族に合わせたコースを選べるのが便利です!

※2024年1月31日にて製造中止
定期購入については、新規受付は停止。都度購入は在庫終了次第、販売中止となります(2024年5月頃を予定)

プラン 合計額(税込・送料込) 1食あたり(税込・送料込)
ロカボリック7食 お肉セット 5,138円 848円
ロカボリック7食 お魚セット 5,138円 848円
ロカボリック7食 ミックスセット 5,138円 848円

ワタミの宅食ダイレクトの実食レビュー・感想を見る

介護食にも対応したおかず

ワタミの宅食ダイレクト公式サイトへ

初回3回のみ送料無料!

まごころケア食

糖質 15g以下
管理栄養士の監修 あり
美味しさにバラ付きある?が、悪くない
公式サイト https://magokoro-care-shoku.com/

まごころケア食は、管理栄養士監修の主菜1品副菜3品のバランスの取れた献立を楽しめます。

「糖質制限食セット」では糖質15g以下に抑えられています。

量がやや少なめなので、男性や育ち盛りのお子さんだと、満腹感が足りないかも。逆に食の細い女性や高齢者におすすめの宅食です!

プラン 合計額(税込・送料込) 1食あたり(税込・送料込)
【まごころお得便】糖質制限食 7食セット 2,772円 396円
【まごころお得便】糖質制限食 14食セット 5,152円 368円
【まごころお得便】糖質制限食 21食セット 7,644円 364円

まごころケア食の口コミへ

栄養士監修のバランスの取れた献立!!

まごころケア食

※初回限定14食セットは一食190円~)

Dr.つるかめキッチン

糖質 15g以下
管理栄養士の監修 あり。専門医も監修
制限食であるが味は良い
公式サイト https://tsurukame-kitchen.com/

Dr.つるかめキッチンは、専門医が監修する宅食なので安全です。

継続利用するなら28%オフにもなる定期コースがお得ですが、パッケージがやや味気ない印象。

ホームページのお皿に盛りつけてある画像からすると、ちょっと残念に感じるかもしれません。

糖質オフとはいえ食事を楽しみたいなら、別のお皿に移すのがいいかもしれないですね。

コースとメニューは豊富で飽きにくいのが、魅力のひとつです。

プラン 合計額(税込・送料込) 1食あたり(税込・送料込)
糖質制限 気づかい御膳(7食セット) 7,228円⇒5,184円 741円
糖質制限 気づかい御膳(14食セット) 13,730円⇒9,828円 702円
糖質制限 気づかい御膳(21食セット) 20,210円⇒14,364円 684円

▼Dr.つるかめキッチンの紹介動画

Dr.つるかめキッチンの口コミへ

らくらく食事制限♪専門医&栄養士が考えたコースが選べるお弁当

Dr.つるかめキッチン公式サイトへ

※全国送料無料

 

目的別におすすめ!糖質制限の宅配弁当サービスをご紹介

「糖質オフのお弁当でも、毎日美味しく食べたい」

「予算が限られているため、コスパのよい宅食がよい」

といったように、人によって宅食を選ぶ基準はさまざまでしょう。目的別に一番おすすめの宅食は、下記のとおりです。

目的 一番おすすめのサービス
一人暮らしにぴったり!糖質制限の宅配弁当サービス ニチレイフーズダイレクト
価格が安い!糖質制限の宅配弁当サービス まごころケア食
とにかく美味しい!糖質制限の宅配弁当サービス ナッシュ
高齢者におすすめ!糖質制限の宅配弁当サービス ウィルネスダイニング

詳しく見ていきましょう。

一人暮らしにぴったり!糖質制限の宅配弁当サービス 

サービス名 特徴
ニチレイフーズダイレクト 冷凍品と思えない美味しさ。20品目以上で主食もあり。
ダイエティシャン もち麦ご飯や低糖質パスタで、腹持ちがいい。少し割高。
ワタミの宅食ダイレクト 魚か肉を選べる。追加でおかずを注文できるので便利。

一人暮らしにおすすめの宅食は、上記の3つです。

一人暮らしだと忙しくて、なかなか買い物に行く暇がないですよね。宅食であれば、レンジでチンするだけで、栄養バランスのよい食事を気軽に楽しめるのでおすすめです。

3つの中でもおすすめなのが、ニチレイフーズダイレクトです。

ワタミの宅食ダイレクトは、おかずだけしかありません。ダイエティシャンはご飯や麺類の主食がついてますが、少し割高です。

ニチレイダイレクトフーズであれば、ご飯や麺類の主食がついていながら、1食あたり600円代とリーズナブルな料金となっています。

初回限定でウーディッシュ4食セットを頼めるので、ぜひ試してみてくださいね!

冷凍便とは思えない美味しさ!

ニチレイフーズダイレクト公式サイトへ

初回限定4食セットあり!

価格が安い!糖質制限の宅配弁当サービス 

サービス名 特徴
まごころケア食 1食あたり364円~。糖質制限のお弁当が唯一、300円台で楽しめる。
食宅便 1食あたり616円~。糖質も10g以下でヘルシーなお弁当。
ニチレイフーズダイレクト 1食あたり650円~。主食も入っているため満足感が高い。

とにかく価格が安い宅食は、上記の3つです。

3つの中でもおすすめなのが、まごころケア食です。あらゆるサービスの中で、唯一300円代で糖質制限のお弁当が注文できます。

1食あたり502円~で、なんと送料も無料!(※一部地域除く)食事は毎日のことなので、コスパがよいのはありがたいですよね。

しかも14食・21食セットなら、冷凍庫も無料でレンタルできます。元々ある冷蔵庫のスペースを考えずにストックできるため、とても便利です。

ペナルティなしでいつでも解約できます。置き配にも対応してるので、気軽に試してみてくださいね。

栄養士監修のバランスの取れた献立!!

まごころケア食

※※初回限定14食セットは一食190円~)

とにかく美味しい!糖質制限の宅配弁当サービス 

サービス名 特徴
ナッシュ 一流シェフが監修のため、美味しさはピカイチ!
ワタミの宅食ダイレクト 居酒屋経営の経験を活かした旨さ
ニチレイフーズダイレクト 高い冷凍技術。どれを選んでも美味しい

とにかく美味しい宅食は、上記の3つです。

3つの中でもおすすめなのが、ナッシュです。個人的にはいろいろなサービスがある中で、美味しさがピカイチです!

一度食べたら、冷凍でここまで美味しいのか!とビックリしますよ。

一流シェフが監修しているのがポイント。さらに和食や洋食、中華とそれぞれのジャンルで専属シェフがいるため、本格の味が楽しめます。

管理栄養士も一緒に献立を考えているため、糖質・塩分・たんぱく質の計算もバッチリです。

初回のみ3,000円オフになるキャンペーンもあるので、ぜひ試してみてくださいね!

テレビCMでも話題の王道宅食!!

ナッシュ公式サイトへ

※初回限定合計3,000円OFFです

高齢者におすすめ!糖質制限の宅配弁当サービス

サービス名 特徴
ウィルネスダイニング 総合出荷数2,220万食!70種類のメニューが楽しめる
まごころケア食 主菜1品、副菜3品のバランスの取れた献立
Dr.つるかめキッチン 専門医が監修するシンプルな宅食

高齢者におすすめの宅食は、上記の3つです。

3つの中でもおすすめなのが、ウィルネスダイニングです。常駐13名の管理栄養士に相談できるため、おすすめです。

自分がどういった食事を摂りたいのかを伝えれば、自分にぴったりのコースを教えてくれますよ。

種類も70種類以上あるため、味に飽きることがありません!また制限食でありながら、ご飯などの主食もついているため、無理せず糖質をオフできます。

初回のみ送料無料なので、ぜひ試してみてくださいね!

出汁の味を活かした宅配食

ウェルネスダイニング公式サイトへ

初回限定で送料無料!

知っておきたい!糖質制限の宅配弁当サービスの選び方・ポイント

糖質制限 ランキング

ここからは、糖質制限の宅配弁当サービスを選ぶ時のポイントについて解説します。

・管理栄養士が監修しているか
・糖質の量はどれくらいか
・価格と送料はいくらか
・味は美味しいか
・初回のお試しセットがあるか

管理栄養士が監修しているか

管理栄養士とは、厚生労働省認定の栄養士国家資格者です。

管理栄養士がサービスのメニュー開発や栄養計算を監修している場合は、以下のメリットがあります。

・糖質量だけではなく、たんぱく質・脂質・食物繊維・ミネラル量など栄養バランスがとれている

生活習慣病予防や体型管理にも適した栄養バランスになっている

・季節の素材や料理の方法による栄養価の変化にも対応できている

・ダイエット効果と健康リスクを組み合わせた最適なプランが考えられている

逆に管理栄養士が監修していないサービスでは、栄養バランスが取れにくい可能性があります。

適切な糖質制限を行いたいのであれば、管理栄養士の監修があるサービスを選びましょう。

糖質の量はどれくらいか

糖質制限の宅配弁当サービスを選ぶ際の最も重要なポイントは「糖質の量はどれくらいか」です。

糖質制限の目安量は、1日130g以下が最適だといわれています。

一食あたりの糖質量が50gを超えてしまうと、1日あたりの総糖質量がオーバーしてしまうため注意が必要です。

個人差はありますが、1日あたり30g~40gの総糖質量となるサービスを選ぶとよいでしょう。

価格と送料はいくらか

糖質制限の宅配弁当サービスを選ぶ際のもう一つの重要なポイントは「価格と送料はいくらか」だと思います。

通常、1日1食当たりの価格は500~1000円程度。糖質制限は調理法などの関係で、他のメニューよりも割高です。

1食あたりの価格を調べることも大事ですが、重要なのは送料です。

1食あたりの価格がいくら安くても、送料が高ければ合計金額が高くなってしまいます。

送料は宅配サービスによって無料なところもあれば、全国一律で設定されているなど、さまざまです。

1食あたりの価格はもちろん、送料がいくらであるかも調べてから、宅食サービスを契約しましょう。

味は美味しいか

「糖質制限のお弁当なら、薄味でも仕方がない」

そんなふうに考えていませんか?最近は冷凍の宅食弁当でも美味しいものがたくさんあります。

味が美味しくないと糖質制限をするモチベーションが保てず、途中でやめてしまうなんてことも。

味やメニューの種類などもしっかりと確認してから、どの宅配サービスにするかを決めましょう。

口コミやレビューを見て、事前に宅食の味をチェックして選んだ方がよいでしょう。

またほとんどの宅食サービスは、初回限定でお得に頼めるコースが用意されています。

実際に試食をしてから、自分の好みの味を探して契約するとよいでしょう。

初回のお試しセットがあるか

初回のお試しセットがあるかどうかは、糖質制限の宅配弁当サービスを選ぶ上で重要なポイントです。

初回のお試しセットがあれば、サービスの質と内容を実際に試せます。

ホームページやカタログなどで、システムは理解できますが、実際の味はやはり試してみないと分かりません。

口コミがいくら良くても、自分の口には合わないこともあります。

初回のお試しセットがある宅食サービスを選んで、自分に合ったサービスかを見極めましょう。

 

糖質制限の宅配弁当サービスを利用するメリット

ここからは、糖質制限の宅配弁当サービスを利用するメリットについてご紹介していきます。

・糖質の量を計算しなくてよい
・買い物や調理、片付けの手間が省ける
・温めるだけですぐに食べられる
・たくさんのメニューが食べられる

上記のメリットについて、詳しく解説していきますね。

糖質の量を計算しなくてよい

糖質制限の宅配弁当サービスを利用する主なメリットの1つは、「糖質の量を計算しなくて済むこと」です。

糖質制限を行う場合、1食あたりの糖質量を40g前後に抑える必要があります。

しかし食材1つ1つの糖質量を計算して調整することは、大変手間のかかる作業です。

宅配弁当サービスを利用すれば、メニューごとに既に糖質量が表示されています。

各メニューは管理栄養士監修のもと糖質の量はもちろん、栄養バランスも考えられています。

糖質の量や栄養バランスのことを自分で考える必要がないことは、大きなメリットといえるでしょう。

買い物や調理、片付けの手間が省ける

糖質制限オフの食事を作るには、通常の食材よりも低糖質の食材を選ばなければなりません。

また、調理方法も特殊なため、準備と調理に時間がかかります。

宅配弁当サービスを利用すれば、準備なしで糖質制限された食事をすぐに楽しむことができます。

帰ってからレンジでチンして、すぐに食べられるのは大きな魅力ですよね。

さらに買い物や調理、片付けの手間が省けるため、その他の家事や趣味の時間にあてられます。

温めるだけですぐに食べられる

糖質制限をするには、1食あたりの糖質の量が重要です。

しかし忙しい生活の中では、準備に時間がかかるため、なかなか3食分の食事を用意できないでしょう。

しかし、宅配弁当サービスのメニューは基本的に温めるだけで食べられる冷凍品が中心です。

レンジでチンして数分で完成するため、時間に余裕がなくても糖質オフのお弁当が楽しめます。

時間的な余裕のない現代社会では、強い味方ですよね。

ストレスなく食事がとれ、栄養バランスを偏らずに糖質制限の食事ができることは、大きなメリットといえます。

いろいろな味付けのメニューが食べられる

糖質制限は長期的に続ける必要がありますが、同じメニューが続くと飽きてしまいがちです。

宅配弁当サービスでは、日々異なるメニューが提供されています。

和食や洋食、中華まで、サービスによっては専属のシェフが監修しているものも。

また季節折々の新メニューも追加され、節目節目の変化を楽しむことができます。

長期的なモチベーションを維持する上で、いろいろな味が楽しめることはとても重要なポイントです。

宅配弁当サービスを利用すれば、飽きることなく楽しみながら糖質制限の食事を続けられるでしょう。

糖質制限の宅配弁当サービスを利用するデメリット

糖質制限の宅配弁当サービスには、メリットがある一方でデメリットもあります。

・自炊よりも費用がかかってしまう
・メニューの変更ができない
・冷凍庫のスペースを空けておかなければいけない

ここからは、上記のデメリットについて解説していきます。

自炊よりも費用がかかってしまう

糖質制限の宅配弁当サービスを利用するデメリットの1つは「自炊よりも費用がかかってしまう」点です。

宅配弁当サービス利用月あたりの費用は1日当たり1000円程度あるため、1ヶ月で3万円以上かかってしまいます。

一方で自炊では、低糖質食材を購入すれば1日500円程度でまかなえる計算になります。

長期的に見れば、サービス利用よりも自炊の方が費用面では効率的だといえます。

ただし、自炊では準備時間と調理スキルが必要になります。

また初回費用として調理機器を購入する必要があるでしょう。

費用効率を重視するのであれば、自炊に切り替えた方が良いと考えられます。

メニューの変更ができない

多くのサービスでは、週単位か月単位前あらかじめメニューを選択して注文しなければなりません。

しかし実際には食べたくないメニューや、日によって好みが変わることがあります。

突発的な外出で弁当が食べれなくなった場合も、基本的に変更やキャンセルはできません。

またアレルギー食品や特定の食材を避けたい場合、代替メニューの選択肢が限られています。

当日の気分や体調で選ぶ自炊の利便性に比べると、柔軟な対応ができない点は課題だと言えます。

冷凍庫のスペースを空けておかなければいけない

糖質制限の宅配弁当サービスを利用するデメリットの1つは「冷凍庫のスペースをあけておかなければならない」点です。

宅配弁当サービスのメニューは多くが冷凍保存できるよう製造されていますが、1週間分や1か月分を1度に届けます。

これらを冷凍保存するには一定のスペースが必要になります。

小型冷凍庫を所有していない世帯や、収納スペースが限られた一人暮らしの方では、保管スペースの確保が課題となるでしょう。

また冷凍食品を長期保存すると栄養成分の劣化が懸念されます。

スペースの合わない方や、出先での弁当利用が多い場合などではデメリットとなる可能性があります。

当サイトでは、冷凍庫のスペース確保についての対策7つをご紹介しています。

お困りの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

≫冷凍弁当が冷凍庫に入らない対策7つ【宅食あるある】

糖質制限の宅配弁当サービスに関するよくある質問

糖質制限 ランキング

ここからは、糖質制限の宅配弁当サービスに関するよくある質問についてご紹介していきます。

 ・糖質制限食とは?
 ・糖質制限で食べてはいけないものはある?
 ・糖質の少ない主食は?

上記の質問に対して、答えていきますね。

糖質制限食とは?

糖質制限食とは、糖質を抑える食事のことです。一般的には、1日約130gまでに制限するのがよいとされています。

糖質とはパンや米などの炭水化物から体内に吸収される糖類のことです。

多くの糖質をとると、肥満や生活習慣病、糖尿病などさまざまなリスクを高めると考えられています。

糖質制限食で野菜やたんぱく質、低糖質の炭水化物を中心に食べることで、体重管理や糖尿病予防に繋がります。

糖質制限食は、無暗に糖質を減らしてよいものではありません。

自分の体重や体調なども考慮しながら、糖質制限を行いましょう。

糖質制限で食べてはいけないものはある?

糖質制限をしている間は、下記の食品を控えることが大切です。

  • 白米やごはん
  • パン
  • スイーツ(ケーキ、クッキーなど)
  • 菓子類(クラッカー、スナック)
  • 砂糖類(砂糖、蜂蜜など)
  • アイスクリーム
  • 穀物系飲料(ビール、源泉付茶飲料など)
  • ポテトチップス
  • デンプンの多い野菜(とうもろこし、えんだんなど)

上記の食べ物は糖質量が多いです。

食べ過ぎると1日の糖質制限量を超える可能性が高いため、なるべく控えましょう。

糖質の少ない主食は?

糖質の少ない主食としては、以下の食品が挙げられます。

  • 玄米
  • おこわ
  • 雑穀(きび、アワなど)
  • 米粉
  • クイノア
  • アマランサス
  • バナナ
  • 根菜類

この中でも玄米は白米に比べて糖質量が3分の1以下と非常に低く、代表的な低糖質主食と言えます。

他にも雑穀や根菜類はデンプンが少なく、糖質量も控えめです。

糖質制限中にお腹がすいたら、間食は上記のものを食べるとよいでしょう。

糖質制限・低糖質のお弁当はさまざまな人におすすめ!

ここまで、以下の3点を重視して、ランキングで紹介しました。

  • 糖質の量
  • 価格

目的別でおすすめの冷凍の宅配弁当サービスを紹介すると…

 

ポイント

・一人暮らしにおすすめ→ニチレイフーズダイレクト

・価格が安い→まごごろケア食

・とにかく美味しい→ナッシュ

・高齢者におすすめ→ウェルネスダイニング

となります。

糖質制限をしたい人でも、それぞれ選ぶ基準はさまざまなので、自分に合った宅食サービスを探すのも一苦労ですね。

多くのサービスではお試しセットが用意されています。

ぜひ、自分にぴったりの宅食サービスを見つけてくださいね!

当サイト「宅食マニア」では、さまざまなおすすめの宅食をランキング形式で詳しく紹介しています。

それぞれ目的別に、おすすめの安い宅食冷凍の宅配弁当介護食の宅配弁当などのランキングがあります。

宅食サービスの利用を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ランキングで紹介している宅配弁当サービスは、この記事と同じく実際に利用して、評価しています。

 

-目的・タイプ別ランキング

Copyright© 宅食まにあ | 宅配サービスおすすめランキング|実際に40社実食した私のおすすめ , 2024 All Rights Reserved.